ヴァンクリーフ&アーペルのバレリーナクリップをパリ装飾芸術美術館で見ました〜ルーブル美術館まで行ったら寄ってみたい美術館〜

パリ装飾芸術美術館(Musée des Arts Décoratifs)へ2019年11月に行ってきました。

「装飾芸術美術館」の名前の通り、ヨーロッパの家具や食器などが数多く展示されている美術館です。

その中でも私が惹かれるのはやっぱりジュエリーの展示エリア。

ヴァンクリーフ&アーペルの昔の作品も見ることができました。

ニシトキコ

特に1940年代のバレリーナクリップが見れて大興奮でした。
バレリーナをモチーフにした人型のブローチで、ヴァンクリーフ&アーペルの代表的な作品テーマのひとつだよ。

コリブリくん

今回は、パリ装飾芸術美術館で見てきたヴァンクリーフ&アーペルのジュエリーについてご紹介します。

パリ装飾芸術美術(MAD)はルーブル美術館の近く

パリ装飾芸術美術館は、ルーブル美術館があるルーブル宮にあります。パリを東西に貫く大通りのリヴォリ通り沿いに位置しています。

パリ装飾芸術美術館の外観

“Musée des Arts Décoratifs”(パリ装飾芸術美術館)という名前なので、“MAD”なんですね。

中世から現代のさまざまな装飾芸術が見れる美術館です。

ニシトキコ

ルーブル美術館まで行ったら立ち寄ってみたい場所です。

ヴァンクリーフ&アーペルのジュエリーをパリ装飾芸術美術館で見ました

ジュエリーがメインの美術館というわけでもないんですが、私の興味の方向がジュエリーで、加えてヴァンクリーフ&アーペルの好きな作品が展示されていたので、この記事ではヴァンクリーフ&アーペルの作品に絞ってお伝えします。

もちろんヴァンクリーフ&アーペル以外のジュエリーもたくさん展示されていますよ。

館内は撮影が許可されていたので写真を撮ってきました。

・バレリーナのブローチ(1946年)

これこれ!これなんです。

見た時に大興奮したヴァンクリーフ&アーペルのバレリーナクリップ。

チュチュにパイエット(スパンコール)のモチーフが使われています。

ニシトキコ

重なったパイエットモチーフでチュチュの膨らみが表現されていて、立体感が印象的な作品だと思います。腰回りから裾にかけて円が大きくなっていく表現もいいですよね。

現在もヴァンクリーフ&アーペルで取り扱っている作品では、2016年から発売されているブトンドールコレクションにパイエットモチーフを見ることができます。

シンプルに見えて手の込んだモチーフがとても魅力的だね。

コリブリくん

ニシトキコ

パイエットモチーフのバレリーナクリップ、好きなんです。

・鳥のブローチ(1928年)

なかなか実物で見ることの少ないヴァンクリーフ&アーペルの1920年代の作品です。

・女王のブローチ(1959年)

人の正面の顔をモチーフにしたブローチ。可愛らしい雰囲気です。

・フリヴォルのリング(2003年)

フリヴォルのこのリングはお持ちの方も多いのでは。

・ハワイのリング(2004年)

ハワイは大きな石があしらわれていて、明るい雰囲気のコレクションです。こちらは花びらがアメシストです。

家具などの展示ももちろん見応えがあります

家具をただ並べているだけではなく実際の部屋のように展示しています。

当時の雰囲気を感じることができ、タイムスリップしたような感覚になります。

ニシトキコ

この記事では写真を1枚しかご紹介しませんが、ちゃんとジュエリー以外の展示品も楽しく鑑賞してきました。

展示品が多くてやっぱり見切れない

展示品の数はかなり多いので、しっかりと時間を取らないと見切れません。

私はジュエリーの鑑賞にかなり時間を割いたので、早足で通り過ぎてしまったエリアもありました。

ニシトキコ

またいつかゆっくりと見に行きたいです。
次回もジュエリーのエリアで長居しそうだけどね。

コリブリくん