ミキモト「The Eyes and Hands-クラフツマンの感性-」を見てきました

ミキモトハイジュエリー鳥

ミキモトの銀座4丁目本店で「The Eyes and Hands-クラフツマンの感性-」という展示をしていたので行ってきました。

ミキモトのハイジュエリーやデザイン画、ジュエリー製作のための道具などが展示されていました。

ニシトキコ

ジュエリーを見る機会はあると思いますが、「The Eyes and Hands」ではジュエリー製作の過程に焦点を当てていて興味深かったです。
こんにちは、ニシトキコ(@nishi_tokimeku)です。

今回はミキモトの「The Eyes and Hands-クラフツマンの感性-」についてご報告します。撮影OKとのことでしたので、撮ってきた写真もご紹介していきます。

ミキモト「The Eyes and Hands-クラフツマンの感性-」について

ミキモトTheEyesandHands展示室ライティング

ミキモト「The Eyes and Hands-クラフツマンの感性-」は、ミキモト銀座4丁目本店7階のミキモトホールで開催されています。

期間は2019年7月26日(金)~9月2日(月)です。夏休み期間の企画なんでしょうね。

ニシトキコ

私は見れませんでしたが、ミキモトのクラフツマンとジュエリーデザイナーによる実演が見られる日もあったようです。
見てみたかった!

コリブリくん

ミキモトのハイジュエリーの美しさはさすが

展示のメインはジュエリー製作についてでしたが、ハイジュエリーも見ることができました。

ミキモトハイジュエリー鳥美しい鳥のブローチ。

ニシトキコ

美しくて、ずっと見ていられます。

ミキモトハイジュエリーパールネックレス洋服の襟のようなパールネックレスは、可愛らしい雰囲気ですがやはり迫力があります。

2018年のミキモトの「Jeux de Rubans(ジュドゥリュバン)-リボンの戯れ-」の展示の時にも見たような気がします。

筆で描かれるミキモトのデザイン画

ジュエリーのデザイン画を描く道具も展示されていました。

ミキモトデザイン画用道具
上の写真では小さくて見えにくいかもしれませんが、硯(すずり)がありました。

筆は「面相筆」という日本画用の絵筆で、穂先がとても細長いものだそうです。

ニシトキコ

日本画用の絵筆と墨でジュエリーのデザイン画を描くなんて、日本のジュエラーのミキモトらしいですね。
たしかに日本っぽいね。

コリブリくん

ミキモトデザイン画_羽筆で描かれたデザイン画は、そのまま絵画として鑑賞したくなるような美しさです。

ミキモトデザイン画_鳥これらのデザイン画から立体的なジュエリーになっていくのかと思うと感慨深いです。

クラフツマンの作業場を再現

クラフツマンの仕事場を再現したコーナーもありました。

ミキモトThe Eyes and Handsクラフツマンの作業場
ミキモトTheEyesandHandsジュエリー製作道具クラフツマンがジュエリーを作っている手元の映像も流れていたのですが、細かく正確な手仕事に見入ってしまいました。

ニシトキコ

ジュエリーが生み出される過程も知ることで、よりジュエリーに興味が湧いてきました!
以前行ったミキモトの展示の記事などをまとめています>>>ミキモトの記事一覧